腱鞘炎の原因と治療方法

  • 腱鞘炎の治療方法とは?

    • 腱鞘炎とは、正式名称では狭窄性腱鞘炎といい、一般的には手の腱が炎症を起こす事によって起こると考えている人が多いですが、実際は腱と腱鞘の間の部分に起こった炎症の事を言います。

      腱鞘炎に関してとにかく簡単に調べられます。

      腱鞘炎になってしまう原因は、自分が持っている筋肉よりも大きな負担が長時間一部分に加わり続ける事で、炎症を起こしてしまうからです。
      具体的に言うと、作家や漫画家がずっとペンを持って文字や絵をかき続けていたり、ワープロを打ち続けていたり、また音楽家が長い時間楽器を演奏し続けたりすると症状が出てきてしまいます。


      最近では、ゲームのやりすぎで腱鞘炎になってしまうというケースもあるので誰もが発症してしまう病気といえます。

      腱鞘炎にならない為には、とにかく適度に休憩を挟む事が大切です。
      そして手に痛みが出たら、すぐにその動作を止めて、手を休める事が必要です。
      それでも仕事やゲームに集中して症状が出てしまったらどんな治療方法があるのかというと、まず症状が軽い場合は、手を動かさずに休めていれば自然に治ります。
      応急処置としては、まず患部を冷やす事です。
      保冷剤や、氷の入ったビニール袋にタオルを巻いて患部を冷やすことによって、血行を抑えて炎症が広がるのを防いでくれます。


      その後、湿布を貼ってしばらく安静にする事です。
      しばらくして、症状が和らいだら適度に手のストレッチをすると良いです。

      Yahoo!ニュース情報はすぐに役立ちます。

      症状がおさまったら、冷やすのを止めて次は温めます。
      冷やすのはあくまで腫れてしまい炎症が強い時の場合です。


      温める事で、血行が促進されて新陳代謝もよくなり組織も回復しやすくなります。


      温める場合はカイロやお風呂に入るのも良いです。


      症状が中々よくならない場合は、病院で炎症を抑える薬や軟膏を使った治療をうける事になります。

      それも駄目なら、レーザー治療や注射、手術という事もありますが、とにかくここまでいかないように、症状が軽い間にしっかりと治す事が大切です。