腱鞘炎の原因と治療方法

  • 段階による腱鞘炎の症状とは

    • 腱鞘の中を通っている腱は、健康な状態の時は摩擦が起きず、手指を屈曲させる時に滑らかに動かすことができます。

      しかしその部分の腱や腱鞘に炎症が生じてしまうと、腱鞘の滑りが悪くなることで摩擦が生じ、手指を動かす際に痛みを感じるようになります。

      腱鞘炎はキーボードやペンなど、手を長時間使う仕事をしている人になりやすいのが特徴です。

      手外科の情報が欲しい方必見です。

      他にも関節炎・怪我をきっかけに発症する場合、女性のホルモンバランスが大きく変化する更年期や出産などが引き金となることがあります。

      腱鞘炎になりかけている人は、痛みは感じないまでも、うまく手を動かせない場合や手首の腫れ、手を動かすとだるさを感じることが多く見られます。

      Yahoo!ニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

      そのまま放っておくと腱鞘炎の初期症状が現れるので注意が必要です。



      初期症状としては、指や手首を使っている最中に不快感を感じたり、瞬間的な痛みを自覚をするようになります。

      症状が悪化すると、治療を行っても再発を繰り返し慢性化する可能性があるので、できるだけ症状が軽い段階での治療が重要となります。腱鞘炎を予防するためには、長時間手指を使う作業をする時、定期的に休みをとって、腱と腱鞘にかかる負荷を少なくすることが大切です。さらに症状が重くなると、特定の場所を押すと痛みを感じるようになり、痛みや不快感も継続的になります。手指を使う作業だけでなく、日常生活の動きでも痛みを自覚するようになります。
      末期症状になると、血流が悪化することで神経が麻痺し、痛みを感じなくなることもあります。


      ここまで症状が進行すると、手術による治療も視野に入ってきます。