腱鞘炎の原因と治療方法

腱鞘炎の原因と治療方法

腱鞘炎は正確な名称を狭窄性腱鞘炎と言い、腱鞘が何らかの原因で腫れることにより、腱がスムーズに腱鞘を通過することが出来なくなる症状です。

人気な火傷の跡を詳しく調べるなら便利なサイトです。

手首や指関節に現れる腱鞘炎は、手や指を酷使することで主に発症します。腱や腱鞘に持続的な負荷が掛かり続けることで、腱鞘部分が摩擦されたような状態に陥り、腱を滑らかに動かす滑液が不足するなどで炎症を起こしてしまいます。


腱鞘炎の主な治療方法は、保存的治療と手術があります。

保存的治療とは手術以外の方法全般のことで、薬物治療や低周波電気治療や、ストレッチや装具を装着する方法が一般的です。

朝日新聞デジタルの情報をお届けします。

整形外科で腱鞘炎を治療する場合、主に炎症や痛みを抑えるために、非ステロイド系の抗炎症剤が処方されます。



ただし、症状が慢性化して治療が難しい場合、腱鞘部分に直接ステロイドを注射することで、強力に炎症を抑えることもあります。
機器を使った電気療法や温熱療法は、患部を温めることにより血行を促進し筋肉のコリや緊張を取り除きます。
関節の可動域が固まっている場合など、動きをスムーズにし回復させるためにストレッチが必要です。ただし、きちんと医師の指導を受けずに自己流でストレッチを行うと、かえって症状を悪化させる可能性があるので注意しましょう。


炎症が激しい場合などは、専用の装具を装着することで患部を固定し、無理な動きをしないように安静に保ち、炎症が静まるのを待ちます。
痛みが継続的および慢性化し、症状が固定化されているような状態になると、外科手術での治療も視野に入ります。

  • おすすめ情報

    • 腱鞘の中を通っている腱は、健康な状態の時は摩擦が起きず、手指を屈曲させる時に滑らかに動かすことができます。しかしその部分の腱や腱鞘に炎症が生じてしまうと、腱鞘の滑りが悪くなることで摩擦が生じ、手指を動かす際に痛みを感じるようになります。...

      detail
  • 医療コラム

    • 腱鞘炎とは、正式名称では狭窄性腱鞘炎といい、一般的には手の腱が炎症を起こす事によって起こると考えている人が多いですが、実際は腱と腱鞘の間の部分に起こった炎症の事を言います。腱鞘炎になってしまう原因は、自分が持っている筋肉よりも大きな負担が長時間一部分に加わり続ける事で、炎症を起こしてしまうからです。...

      detail
  • 知っておきたい常識

    • 腱鞘炎は慢性化しやすいだけに、少しでも早めの完治を目指したいものです。患部をできるだけ動かさないよう安静にしながら療養するのが最適ですが、大抵の場合、利き手に発症してしまいますので、まったく使わないようにするのは困難です。...

      detail
  • 注目情報

    • 腱鞘炎とは、筋肉や関節を動かす際に使用する腱や腱鞘が炎症を起こしている状態のことを言います。炎症を起こしてしまう原因は関節部分のオーバーユーズです。...

      detail